対策の重要性|日本人が知っておくべき地震や最新の予知情報

日常的に大地震を予知し備えておくことが二次災害を防ぐ鍵となる

対策の重要性

地震

自分のこととして考える

地震が発生して甚大な被害が出ると、その地域に住んでいる人々全ての個人的生活や社会生活に支障が出てしまいます。住む家がなくなりますし、その地域で操業している工場がストップすれば産業も消えてしまう可能性があります。そのためには普段から対策をしておくことが大事ですが、普段地震が多くない地域だと危機感が薄くなってしまうので、全国で起きている災害を自分のこととして考えるべきです。

政府の防災対策をチェック

個人を始めとして地震対策をすることは大事ですが、政府の取り組みもチェックしておきましょう。政府は地震予知など研究機関と連携を組んで防災活動をしています。公共団体と一緒になって津波対策や強震に耐えられるインフラ整備を進めているのです。予知に関しても、データを全国から集めて大学機関とともに正確な数値を出すことに努めています。

常にチェックできるアプリ

他に自分でできる予知の方法としては、地震予知のアプリなどをスマホや携帯に入れておくことがあります。「どこで地震が起こったのか」「今日観測された予知情報は何か」「もし災害が起こったときに利用できる避難場所はどこか」以上のようなことが確認できるアプリが利用できるようになっています。

広告募集中