予知の歴史|日本人が知っておくべき地震や最新の予知情報

地震の災害を防ぐために日本では様々な予知方法が研究されてきた

予知の歴史

日本

雲を見れば分かるとも言われている

もし「何月何日地震が起きる」と予知できるなら、それに備えて食料の準備をしておきますし、帰宅困難が予測されるので会社を休みにするという対策ができて便利です。そのため地震の多い日本では昔から予知の方法が研究されてきました。一般的には、地震の際には形状に特徴のある地震雲といわれる雲が出るともいわれてきたのです。例えば波紋系の雲が大地震の前にその地域に観測されています。

予知の難しさ

いろんな研究が行なわれており、気象庁や東京大学などの国が運営する研究機関でも研究が進んでいます。その結果現在のところ地震予知は難しいとされているのです。雲で見分けるには計測値が足りないですし、最新鋭の機械を使えば毎日起こる小規模な地震まで計測することができますが、その小規模な地震が大地震に繋がるとはいえません。そのため、今でも地震研究は進められている状況なのです。

新しい情報を見つけよう

地震に備えておき、予知の方法を探ることは、日本では避けきれないこととなっているので、地震予知とは難しいことをまず把握しておきましょう。その上で新しい情報があれば精査し、どのように活用できるのかを常に考えることが必要です。

広告募集中